赤ちゃんが夜泣きをする原因

投稿日:
4c463abffaabc9498864908531475a32_s

4c463abffaabc9498864908531475a32_s

夜泣きの原因は、はっきりとは分かっていませんがライフスタイルが急激に変化することと考えられています。

赤ちゃんは母親のお腹の中にいる時は、時間の概念がないため昼と夜の区別も付いていません。

胎児も眠る時間がありますが、起きていることと区別する必要はありません。

お腹の中から出ると、眠る時間と起きる時間は全く別の扱いになります。

食事も定期的に与えられ、時間の経過によって部屋の明るさも変化します。

このような変化を受けると、レム睡眠やノンレム睡眠も上手くいかないので、眠りが浅くなったり突然目が覚めたりと不快な気持ちになります。

 

また外の世界に触れて多くの体験をすると、それが夢にまで出てきます。

起きているだけでも刺激がありますが、それが夢の中でも続くので赤ちゃんは不安になって泣き出してしまいます。

さらに肉体的なストレスも夜泣きを引き起こします。

おむつが蒸れたり、お腹が空いたりすると満足に眠ることができません。

口の中にブツブツができたり、あせもや虫刺されで眠りを阻害されている可能性もあります。

両親は赤ちゃんの体調を細かくチェックして、毛布に全身を包んで添い寝するなど安心感を与えることで夜泣きを抑制できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA