備えて安心地震対策

投稿日:
420703

420703

地震はいつ起こるか分からず、自分では防ぐこともできません。

いつかは起こり自分の身にも影響を与えるものだと覚悟し、地震対策は抜かりなくやっておかなければならないでしょう。

肝心なのはいかに自分や家族の身を守るかです。
自宅で地震が起こった場合、怖いのは家具や家電の転倒です。

特に就寝中は倒れてきてもよけることができませんし、停電して真っ暗になった場合、余計パニックになってしまうでしょう。

ですから家具や家電は転倒防止の器具を使って固定したり、寝室にはなるべく物を置かないようにします。

地震が起こり避難することを考え、就寝する時にはすぐ手の届く場所に非常持ち出し袋やスリッパなどを用意しておくことは好ましいでしょう。
また、地震が起こってから最低3日分の食糧や水を用意しておくべきだといわれています。

非常用の食糧と水は家族の人数分しっかりと用意し、時折賞味期限をチェックするようにします。

水道が止まった時を想定し、トイレの問題も考えておかなければなりません。

防災用のトイレ対策用品やドライブ時に利用する簡易トイレなどを用意しておくと、いざという時も安心でしょう。
そして最も大切なのは、地震が起こった時の家族の安否確認でしょう。

自分の居住区の避難所は必ず家族全員でチェックする、もしもの時はどこに集合するかなど、日頃からよく話し合っておくことは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA